ちょっとお時間いいですか?Ⅱ
ノーフォークテリアと飼い主夫婦の楽しい生活
お誕生日おめでとう・・・優くん
6月26日(月)

優くんの12回目のお誕生日

2017_0626_202122-CIMG4421a.jpg
今年もフルーツいっぱいの寒天ケーキ

2017_0626_202039-CIMG4420a.jpg
優くんが大好きなフルーツてんこ盛り

5月に腎臓病であることが発覚し
たんぱく質を多く含む食材の摂取を制限されドッグフードも療法食に
でも優くんがお野菜や果物が大好きでよかったね
お肉系のおやつはたま~にしかあげられないから
これからおやつはお野菜と果物
まずいと言われる療法食もパクパク
それほど食べる物に苦労しないから母は助かってます

2017_0626_203415-CIMG4435a.jpg
「ぼく元気だよ」
そんな笑顔でしょ!?

2017_0626_223516-CIMG4442a.jpg
爺さんになって丸くなってさらに優しい笑顔の優くん

これからもいつも通り 心ちゃんと一緒に楽しいくるま旅に出かけようね!

12歳 おめでとう 優くん ☆☆☆


スポンサーサイト
優くんと腎臓と ~輸液~
優くんの腎臓病が発覚し
1日おきの輸液をするようになって1か月

いまだ輸液作業に慣れない飼い主・・・特に優母(針刺す係)
作業全体の流れはスムーズなのですが「針」を刺すのが・・・

飼い主の皆さまならお分かりかと思いますが
注射をするとき頸の皮をつかんでチクしますよね
それがなかなか皮をつかめないんです
病院で指導されたつかみ方だとどうもうまくいかない
フレミングの法則のような形に親指・人差し指・中指を使ってつかむのですが
2017_0615_091500-CIMG4274a.jpg

2017_0615_091410-CIMG4273a.jpg
人差し指・中指で頸を挟みます
指が短いのかうまいこと皮をつまめません

なので親指と中指でつかむようにしたらちょっといい感じ
2017_0615_091332-CIMG4272a.jpg
まだまだ修行が足りない母なのです

輸液中はこんな感じ
2017_0614_183633-CIMG4268a.jpg

2017_0614_183609-CIMG4266a.jpg
輸液パックを吊るしているのはランタンポール(キャンプをする方ならすぐにお分かりかと)
優くんが乗ってる台はトリミングテーブル
想定外の物が役に立ってます
で 優父は優くんの腕を持って動かないように抑えます

2017_0614_185405-CIMG4269a.jpg
うまい具合にいい位置に針が入ると
ポタポタポタポタ・・・と早く液が落ちるのですが
ちょっと位置が悪いと
ポタ ポタ ポタ ポタ・・・落ちるのが遅くなり時間がかかります
だいたい20分前後かかります
人間の子供にそれだけの時間じっとしてろって言っても無理ですよね
でも優くん我慢して動かないようにしてるんですよ
たまに飽きてきちゃって体の位置を変えようとするんですけど
「終わったらおやつあげるよ~」
「ご飯の後デザート食べようね~」
「お出かけする~?」
「どこ行こうか~?」
などどなだめすかしてじっとさせてます

今回の輸液の際
「今度の土曜日はドッグランに行こうか?」
「久しぶりにマザー牧場行こうか!」
って話しかけたら
「ぼくおりこうにじっとしてるよ」なお顔
というわけで今週末(17日)はマザー牧場&七里川温泉(RVパーク)車中泊

お天気も良さそうで
本格的な梅雨の前にいっぱい遊ぼうね!


優くんと腎臓と

2017_0522_103605-CIMG4036a.jpg

5月22日(月)にフィラリア予防薬をもらいにかかりつけの動物病院へ
「体重減が気になるね」と先生
4月に狂犬病予防注射に行った時も体重が減っていたけれど
優くん・心ちゃん共にダイエット(冬に体重が増えたため)していたので成果かあったと思っていました
ところが何気に優父が「最近お水をよく飲むようになった」と言ったところ
即レントゲンとフィラリア検査のために採取した血液を詳しく検査することに
レントゲンで分かるのは心臓・肝臓の大きさ
こちらは以前撮ったものと比べて変化なしなので異常なし
血液検査から腎臓に関する数値が高いことが判明
 BUN 49.0 (尿素窒素 正常値9.2~29.2)
 CRE 3.0 (クレアチニン 正常値0.2~1.6)
既に腎臓の機能が低下している数値

*腎臓の働き 食事からタンパク質を摂取すると体内で代謝され
  不要なものは老廃物となり血液中に溜まり 
  血液は腎臓でろ過され尿で排泄
  老廃物が多いほど腎臓に負担

腎臓は再生しない臓器で どんどん悪くなるということで治療開始となりました
 
人間なら人工透析をするのですが犬にはそれができません

輸液療法(皮下輸液・点滴)
療法食
飲み薬(ネフガード)
この3つで進行を遅らせることしかできないそうです

*輸液療法 体内に強制的に水分を補給させ老廃物を薄めて体外へ排出させる
        1日おきに皮下輸液(現在自宅にて輸液)
        
*療法食 タンパク質・リン・ナトリウム・カリウムの含有が少ない食事(ロイヤルカナン)

*飲み薬 直接腎臓に働きかける薬は無く 原材料が「炭」のネフガードに老廃物を吸着させ体外へ排出させる
       
これから先 ず~っとこの生活が続きます
輸液に関しては状態が落ち着けば週2回に減らせるそうです
食事は幸いなことに療法食でもおいしそうに食べてくれます

優くんの様子ですが早期発見だったので今までと変わらず元気にしています(元気がなくなったら危険信号)
生活も特に禁止事項は無く 普段通りにとのこと

6月で12歳になる優くん
このくらいの年齢になるとどこかしら悪くなってくるそうです
人間も50歳を過ぎたころからなんだか調子が悪くなったりしますよね
健康診断を欠かさず受け 体・体調の変化に気を配り 
楽しく生活したいものです

これからも優家をどうぞよろしくお願いします


春の絵画鑑賞
4月14日(金)

毎年この時期になると1通のはがきが届きます
優くんの永遠のガールフレンド・つくしちゃんのお姉さんから絵の出展のお知らせです

2017_0414_161204-CIMG3553a.jpg
仕事終わりに六本木「国立新美術館」へ
草間彌生展も開催されていてホールは人でいっぱいです

つくしちゃんのお姉さんが所属している会派の展覧会
2017_0414_160949-CIMG3551a.jpg



         2017_0414_160212-CIMG3550a.jpg
         田中MAN 「Hug」


田中MAN(つくしちゃんのお姉さん)さんは動物画が専門
優くんと心ちゃんも素描で描いてもらったことがあります(優くん号のステッカーの原画)
今度は色付きで描いてもらおうかな・・・

優くん お年賀いただきました
2017年1月1日

お昼から日本酒飲んでいい気分なころ「ピンポ~ン」
宅配便です

優くんの永遠の彼女つくしちゃん(岡山県倉敷在住)からのお年賀が届きました

かぶりものとおやつ

2017_0101_133104-CIMG2693a.jpg

2017_0101_133200-CIMG2695a.jpg

2017_0101_133255-CIMG2698a.jpg
優くん笑っちゃうほどかわいい
新年初笑い

心ちゃんにも
2017_0101_134121-CIMG2718a.jpg

2017_0101_133344-CIMG2700a.jpg
心ちゃんは普通にかわいい
本人いやいや本犬も当然でしょ的なお顔

2017_0101_133528-CIMG2708a.jpg

つくしちゃん・お姉さんありがとうございました