ちょっとお時間いいですか?Ⅱ
ノーフォークテリアと飼い主夫婦の楽しい生活
ゴールデンウィークの旅 2017 ⑥
5月2日(火)

久しぶりにお布団でゆっくり寝ていようって思ったのに
部屋の時計が6時に「ジリリリリ~ン」
前泊者がセットしたんでしょうね
起きてしまったら「ほれ散歩に連れて行け」とオチッココール
もうこうなったらしょうがないってことでお散歩に
お宿から徒歩10分くらいのところにある道の駅「琵琶湖大橋米プラザ」までぷ~らぷら
すると救急車がピ~ポ~ピ~ポ~と車中泊をしたとみられる松本ナンバーのセダンの前に止まります
エコノミークラス症候群で具合が悪くなったのではと推測されます
セダンでの車中泊ってやっぱり無理がありますよね
お気を付けください

散歩から戻って朝食をいただき出発までのんびり
2017_0502_073841-CIMG3929a.jpg

2017_0502_074009-CIMG3932a.jpg
ってまぁ気持ちよく寝てるじゃあ~りませんか
わざわざ陽の当たるところで心ちゃん寝てるし

ここでお宿がどんな所に建っているかご紹介
2017_0502_092202-CIMG3939a.jpg

2017_0502_092114-CIMG3938a.jpg
琵琶湖のすぐそば
夏は海水浴ならぬ湖水浴をするそうで(意外と水はきれい)
お宿は海の家 ではなくて湖の家も兼ねてます

2017_0502_092442-CIMG3945a.jpg
波打ち際で「海?」なお二人さん
ホント写真だけ見たら海ですよね

さあそれでは出発です
琵琶湖大橋で対岸へ渡り近江八幡へ
安土城焼失後に八幡山城が建てられ
信長によって安土に集められた商人たちが移住し商業都市に発展した地

2017_0502_104821-CIMG3948a.jpg
「日牟禮幡宮」
千年以上の歴史がある近江商人の信仰を集めた神社

2017_0502_105626-CIMG3954a.jpg

2017_0502_110651-CIMG3964a.jpg
「八幡掘り」

堀の周りにベンチや休憩処があり
 2017_0502_114035-CIMG3969a.jpg 2017_0502_114343-CIMG3972a.jpg
休憩がてら近江牛コロッケ&カツサンドをいただきます

2017_0502_110257-CIMG3958a.jpg
優父はメンタームのリップクリームをよく使います

2017_0502_105541-CIMG3953a.jpg
優母の好きな和菓子屋さん
この日牟禮乃舎本店限定のお菓子をゲット
2017_0502_154835-CIMG4008a.jpg
たこ焼きのようなつぶら餅
モチモチの皮の中は粒あん

それではまたまた移動して
2017_0502_130835-CIMG3982a.jpg
「彦根城」

2017_0502_130501-CIMG3979a.jpg
「天秤櫓」
平日とはいえ優家のようにずーっとお休みの観光客でかなりの人出
天守に上がるのに行列です

ちょうどひこにゃんがお出ましになる時間
2017_0502_133241-CIMG3991a.jpg

2017_0502_133313-CIMG3993a.jpg
30分間のゆる~いパフォーマンス
BGMもなく静か~にポージング
やっぱりかわいいわぁ

日本酒などお土産を買い
2017_0502_135821-CIMG4006a.jpg
今度は近江牛のにぎりをおやつ代わりに

本日の車中泊地へ向かいます
2017_0503_073356-CIMG4017a.jpg
道の駅「飛騨金山ぬく森の里温泉」(岐阜県)
温泉宿泊施設「かれん」併設
飛騨牛がいただけるお食事処もあります
優家にはうってつけの道の駅
国道256号線のちょっと山の中なので車の通りは少なく
たま~に数十台のグループのライダーさん達が休憩で入ってきます
夕方までは地元の入浴客
入れ替わりに車中泊の車・キャンカーが入ってきますが静かです

夕方の散歩とご飯を済ませたらお二人さんにはお留守番いただき
優父・母の温泉・あわあわ・ご飯タ~イム

2017_0502_185427-CIMG4009a.jpg
中ジョッキ2杯じゃ飲みすぎるので大ジョッキで(重くて持ち上げられませ~ん)

2017_0502_190151-CIMG4010a.jpg
飛騨牛ほう葉味噌焼き

2017_0502_190602-CIMG4012a.jpg
飛騨牛あぶり焼きにぎり

ちょいとお肉の量が足りなかったけれどおいしゅうございました

車に戻り再びあわあわタイム
気が付いたら
2017_0502_210321-CIMG4015a.jpg
いつものように仲良くご就寝
優くんの枕はニトリで買った子供用枕
ちゃんと頭乗せてしっかり子供一人分の幅とって寝てるんですよ(おかげで優母の寝る場所が狭くてねぇ)
心ちゃんはというとベッド下に置いてある専用ベッドで一人広々寝ています

こうして旅の最後の夜が更けるのでした


~~~つづく~~~




にほんブログ村










スポンサーサイト