ちょっとお時間いいですか?Ⅱ
ノーフォークテリアと飼い主夫婦の楽しい生活
熊野・伊勢鳥羽の旅 ③
4月27日(月)

静かなキャンプ場でぐっすり眠れたので寝起きもすっきり
朝風呂もいただき
今日も元気に出発だー!

ってことで本日の最初の目的地
         2015_0427_095130-CIMG4673a.jpg

2015_0427_095059-CIMG4672a.jpg

2015_0427_100548-CIMG4677a.jpg
「熊野本宮大社」 主神は家津美御子 阿弥陀如来としても崇められています

2015_0427_101055-CIMG4678a.jpg
「八咫烏」 サッカー日本代表のユニホームのエンブレムに描かれた「やたがらす」
熊野の神の使いで神武天皇を熊野から大和へ導いたとされる大烏

2015_0427_103724-CIMG4687a.jpg

2015_0427_103315-CIMG4684a.jpg
旧社地「大斎原」
熊野本宮大社は熊野川・音無川・岩田川の合流点にある「大斎原(おおゆのはら)」と呼ばれる
中州にあったのですが明治22年の大洪水で消失
現在の地に移ったそうです

ここでお昼休憩
本宮大社からほど近い道の駅「奥熊野古道ほんぐう」へ
2015_0427_120103-CIMG4691a.jpg 2015_0427_120124-CIMG4692a.jpg
古道弁当                              熊野牛どんぶり
 ごま豆腐に高野豆腐(美味)                   お肉柔らか
道の駅でここまで安くてクオリティーの高い食事は初めて

お腹がいっぱいになって腹ごなしに古道を歩いてみようってことで
2015_0427_124434-CIMG4696a.jpg
和歌山県田辺を起点に山中を熊野へ詣でる道 「中辺路(なかへち)」
他にも同じ田辺を起点に海岸線沿いに那智大社・速玉大社向かう「大辺地」など
いくつかの参詣道があるのですが
この山中へ分け入った険しい道を詣でる人が多かったそうです

2015_0427_123108-CIMG4693a.jpg
そうして神域の入り口である「発心門王子(ほっしんもんおうじ)」で
本宮参詣を前に信仰心を新たにしたそうです
「王子」とは熊野権現の子神を祀る社で
総じて「九十九王子(つくも)」とよばれ熊野三山への参詣道にいくつも配され
参拝をしながら熊野を目指したそうです
宿泊・休憩も兼ねていたそうな

じゃあどんな道?
ってことで歩きだしたのですが
2015_0427_123352-CIMG4695a.jpg
どんどん道は狭くなり足を踏み外せば谷底へ転げ落ちる
40分くらいで次の王子を見て帰ってこれますよ
って観光協会のお姉さんが言っていたけれど
「無理無理」ってことで地中で引き返すことに
昔の人はすごいなぁってつくづく思いました

ここで熊野に別れを告げ伊勢方面へ向かいます
169号線~309号線を走ったのですが
まぁこれが細い道で車1台通るのがやっとってな個所がいくつも
しかもですよ 工事でこんな規制が
2015_0427_140114-CIMG4699a.jpg
この場所に着いたのが13時45分
少し待てば規制解除の時間だったから良かったのですが
規制されたばかりの時間に着いていたら泣いてました
2015_0427_140103-CIMG4698a.jpg
待ち時間のお散歩タイム

やっとの思いで海岸沿い42号線に出て
トンネルの多い紀勢自動車道を北上
少し内陸に入って温泉のある道の駅「飯高」に到着 
2015_0428_081718-CIMG4704a.jpg
今夜はここでお泊まりです

169号線の山道細道でチヨー緊張した優父・母
お疲れさんでバタンキューなのでした


ーーーつづくーーー
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する