ちょっとお時間いいですか?Ⅱ
ノーフォークテリアと飼い主夫婦の楽しい生活
車中泊のお楽しみ②
10月1日(土)

二日目も曇り空
優くん・心ちゃんのお散歩の後、朝のコーヒータイム
お隣のバンコン(バンのキャンピングカー仕様)で車中泊のおじさまとしばしおしゃべり
片付けを終えると、7時前には起きたのにあっという間に9時
大体の道の駅では9時になるとお店が開き買い物客で賑わう
ご多分に洩れず、優家もお買いもの

さて出発して山中湖へ

「山中湖交流プラザ きらら」で一休み
その名も「原っぱ」で
2011_1001_101214-DSC01668a.jpg

2011_1001_094018-DSC01661a.jpg
心ちゃんは草っぱらが大好き
2011_1001_094604-DSC01664a.jpg
山中湖の水位が上がり水没してしまった木道
富士五湖の水位があがると(とくに精進湖)富士六湖・七湖が現れるって知ってます?
今年現れたんですって

河口湖へ向かう途中、 富士浅間神社を参拝
2011_1001_110411-DSC01676a.jpg

2011_1001_110429-DSC01677a.jpg
近場なのに初めての場所
いかにも霊験あらたかな参道
2011_1001_111412-DSC01683a.jpg
富士登山者はここで安全祈願をし
脇にある登山道から山頂を目指すそうな
今では車で五合目まで行って登るんですよね
登山ブームで五合目はえらく混雑してるんですって

山梨といえば「ほうとう」
河口湖へ寄ったのはほうとうを食べるため
2011_1001_121629-DSC01691a.jpg
ほうとうの有名店というよりは、この店自体と二代目社長が有名な「宝刀屋敷 みさか路」
それにわんこOK(専用のスペースあり)
2011_1001_115548-DSC01689a.jpg
ちからもちほうとう
2011_1001_121711-DSC01692a.jpg
駐車場では二代目社長のペットがお散歩
心ちゃんには獲物にしか見えない
二代目社長に「河口湖美術館の庭でわんちゃんと遊んでいきなよ~」って声をかけられる
2011_1001_122444-DSC01698a.jpg
店の向かいにその美術館はあるのだが、とてもきれいな原っぱのようなお庭で
優くんは気持ちよくおくつろぎ
2011_1001_122308-DSC01696a.jpg
曇り空が残念

最後の立ち寄りは「赤富士ワインセラー」
2011_1001_124620-DSC01700a.jpg
山梨県内で醸造されたワインがほとんど揃っているそうです
ワインは飲むがワインについては詳しくない優父・母
案内人の楽しいお話につられてついついおみやげを手にする優家なのでした

この旅の途中、うっかり段差を踏み外し「ギクッ」と腰をやってしまった優母
軽症なので歩くことは問題ないのだが大事を取って早めに帰宅
なんとも情けない優母なのでした
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この季節の車中泊、楽しそうですねぇ。
もう20年以上前ですけど、
夫婦でニュージーランドを
キャンピングカーで1週間ほど旅したことがありまして。
それ以来、いつかはキャンピングカーのオーナーに……
と思っているのですが、未だに実現していません。
ま、しばらくは車中仮眠で、がまんするっか。
【2011/10/04 11:47】 URL | ホッチのオイチャン #- [ 編集]


腰の具合はいかがでしょうか?
ぎっくり腰は想像している以上に辛い。というような話を聞いたことがあるので・・・


きららのボードウォーク!見事に水没してますね~
富士六湖は先日テレビで初めて知りました。気象とのつながり等なかなか奥が深いんですね^^

見所満載でファミリーの皆様も楽しかったことでしょう。
行ってみたい所ばかりで参考になりました~
【2011/10/04 17:59】 URL | sugi #F91le5xI [ 編集]


ホッチのオイチャンさま

ワンボックスカーに乗るようになって車中泊をするようになった優家。
「もっと快適な車中泊を」と夢が膨らむ優父。
そうですキャンピングカーです。
寝ても覚めても「キャンピングカー」の優父の野望ははてさてどうなることやら・・・


sugiさま

ご心配いただきありがとうございます。
幸い軽症なのでなんとか普通に生活しています。
以前かなり重いギックリになりまったく動けない状態になったことがあります。
気温が下がってくるころって要注意なんです。

湖に沿って車道があるじゃないですか。
その外側の陸地でもびちゃびちゃ水が上がってるところがあるんですよ。
自然の脅威を感じました。
【2011/10/05 08:03】 URL | のり母さん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する